ウォーターサーバーの種類と特徴

最近、ウォーターサーバーを設置する家庭が増えています。
そのウォーターサーバーの業者には、それぞれに特徴があるのです。
お水の銘柄が選べる業者やウォーターサーバーのレンタル料が無料の業者、デザインが色々選べる業者やサーバーのタイプが選べる業者などになります。
お勧めは、卓上におけるタイプでしたら場所を取りませんし、一人暮らしや余りお水を飲まない家庭はコンパクトタイプです。
デザインも色もお部屋に合わせると、部屋に違和感がなくて良いのではないでしょうか。
お水の種類も2種類あって、硬水と軟水が選べたり、水道水をろ過したRO水と天然水に分かれます。
値段もタイプも種類もまちまちなので、業者選びが大切になって来るのです。
インターネットで調べれば、比較サイトや口コミサイト、基礎講座や業者の評判などを見る事が出来ます。
口コミサイトでは、業者の態度や緊急事態が発生した時の反応、お問い合わせした時の対応の仕方がわかるのです。
業者の裏の顔を体験した人から口コミで知る事により、自分が依頼した時に安心出来る様になります。
自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事で、より良いウォーターサーバーライフが送れるのです。
電気代やお水代、サーバー代やメンテナンス代、宅配方法や注文のノルマなどを考慮して、自分に合った業者を選ぶ様にして下さい。
後から後悔しない為には、わからない事はきちんと調べて、色々と納得してから業者を選ぶ事が一番良い方法です。

ウォーターサーバーの決める際に重要なポイント

施設などで良く見かけるウォーターサーバーですが、最近は家に設置する様になりました。
水道水はカルキや錆、放射能などの健康面が心配ですが、天然水を利用しているウォーターサーバーがほとんどなので、安心出来ます。
そのウォーターサーバーを決める際に重要なポイントが、いくつかあるのです。
まず、業者選びになりますが、これが一番重要だと思います。
何処の業者にするかによって、値段もタイプもすべて変わって来てしまうからです。
卓上に置きたいのに卓上タイプがなかったり、設置場所のスペースが余り確保出来ないのに、大型のサーバーしか扱っていなかったり、単身全然お水を飲まないのにコンパクトタイプがなかったりした場合は、困ってしまいます。
そうなる事が無い様に、業者選びを慎重にする事が大事なのです。
そして、ボトルのタイプやお水のタイプなども、考えなければいけません。
業者が回収しに来るガロンボトルと使い捨てのワンウェイ型に別れ、ガロンボトルはボトル自体が丈夫なのですが、業者が回収しに来るまでの間ボトルの保管場所を確保しなければいけないのです。
お水のタイプは、天然水と水道水をろ過したRO水になります。
RO水の方が安価になりますが、サーバーのレンタル料や月々の電気代、メンテナンス代などをトータルで考えた時に、天然水の方が安くなるケースも考えられるのです。
また、宅配業者が届けてくれる場合と業者が届けてくれる場合もあり、宅配業者の方が日時などを細かく指定出来るので安心出来ます。
業者の中には、ボトルの最低注文本数や解約金が発生する業者もあり、細かい所を注意して業者選びをして下さい。

ウォーターサーバーを導入する際の注意点

ウォーターサーバーを導入する場合、様々注意点を知っておくと失敗するリスクを低くすることができます。

まず、ウォーターサーバーの取扱業者の中から、どの会社のサーバーを選ぶのか、業者やサービスの比較から始めることが大切です。インターネットで情報を集めると、様々な謳い文句を掲げている業者があり、「業界最安」や「使用料永久無料」という文字に踊らされてしまうのは要注意です。

安さを強調してはいますが、どこかにコストがかかる場合もありますから、十分に確認することが必要です。また、また、使用頻度の違いなどによって結果的に使用料が高くなってしまうケースもあります。一定期間にボトルの数量ノルマがある場合や、利用を停止すると追加料金を請求されるケースなどがあるのです。

そのため、ウォーターサーバーを導入する前に、どのくらいの頻度で利用するか、水道水でも十分なのではないか、お金を払ってまでウォーターサーバーが必要であるのかなど、じっくりと検討をしてから導入を決めることが大切です。

ウォーターサーバー導入する時の初期費用やサーバーレンタル料、メンテナンス料、配送料などの料金はもちろん、サーバーの機能、ボトルの配送エリア、保管方法や処分方法も自分のライフスタイルに合わせたものを選ぶ必要があります。

ウォーターサーバーは、安全に飲むことができる水という目には見えない安全性を購入することでもあります。放射能や細菌の有無などは健康のためには非常に重要です。水の目に見えない部分をどのように誠意をもって販売しているのか、会社の品位によって顧客のサービス満足度は違ってきます。

業者に違和感を感じてしまう場合もあるので、そのような場合はよく調べて検討し、利用を停止する勇気も大切です。全国対応している大手の業者であれば、ユーザー数も多いため安心して利用できる場合もあります。